Pocket
LINEで送る

こんばんは、俊太です。

ヤフオクやメルカリって便利ですよね。いらなくなったものを気軽に売ることができて店舗に売るより高く売ることができます。なかには僕みたいにヤフオクやメルカリを使って商売をしている人もいたりします。

これを読んでいるあなたも商売として、ヤフオクやメルカリをやってみたい。そう思っているかもしれません。

不用品を売ってヤフオクやメルカリのやり方はわかった。

次は仕入れをして利益を出すぞ(^O^)/

問題になるのが何をどこで仕入れるかです。

そこでよくある仕入れ方法が仕入れサイトを利用することです。

仕入れたものを売って利益が出れば自宅に居ながら商売ができる。

そう意気込んでみたはいいけど、いざ仕入れサイトから仕入れたら全然売れなくて在庫が山になっている。

そんな話を聞いたことがあります。

聞いたことがあるというか僕もずっと昔、仕入れサイトから仕入れて失敗したことがあります。

まあ、ほんのちょっと仕入れただけなので、大やけどはしないで済みましたけど・・・

なぜ仕入れサイトで買ったものを売っても儲からないのか?その理由をお伝えします。

仕入れサイトから仕入れた商品をヤフオクやメルカリで売っても利益が出ない理由


仕入れサイトから仕入れた商品を、ヤフオクやメルカリで売っても大体の人が利益を出すことができません。

なぜかわかりますか?

仕入れサイトって誰でも仕入れることができるからです。

誰でも仕入れることができるということは、ライバルが日本全国にたくさんいるってことになります。

ライバルがたくさんいるということは、価格競争になってどんどん値段が下がっていき最後には仕入れ価格より下回らないと売れなくなります。

ヤフオクやメルカリでその商品がいくらで売れるのか?

不用品を売る時と仕入れして売る時の違い

不用品を売るときは、その商品がいくらで売れるかとかあまり気にしなくてもいいですよね。

もともと不用品なので何となくこれくらいで売れるだろうという値段で出品して、売れなければ値段を下げていけばいいだけです。

仕入れの場合は、最悪でも仕入れ価格より高く売れないと困ります。

儲けるためにやっているのに、損をしてしまったら意味がないですよね。

だから仕入れるときはその商品が、メルカリやヤフオクでいくらで売れるのか予想して仕入れることになります。

仕入れのダメな考え方

ダメな考え方が1000円で仕入れたから2000円で売ろう。

手数料を考えて800円位の利益だ。

こんな考え方は絶対にダメです。

仕入れるときには、その商品がいくらで売れるのかしっかり考えてください。

いくらで売れるか予測する方法は?

基本的には過去相場を調べることです。今はヤフオクでもメルカリでも過去相場を調べることができます。

たとえば過去、まったく同じものが何度も2000円位で売れている。それだったら2000円で売れてもおかしくはありません。

もし過去相場を検索してみたら800円位でしか売れていなかったら、2000円の値段で出品しても絶対に売れません。

現在の出品者も見てみましょう。過去に2000円で売れていても現在の出品者がたくさんいるようなら、徐々に相場が下がっていく可能性があります。

あまり出品数が多いようなら手を出さないほうがいいでしょう。

転売で重要なのは需要と供給


商品の価格は需要と供給で決まります。ここを理解していないと絶対にうまくいきません。

オークションで言う需要と供給

需要・・・買われる数

供給・・・出品数

月に買われる数が30の商品がありました。

いろんな人が出品していて全部の出品数が60だとすると30商品が余ることになります。

あなたが出品者だったらどうしますか?

不良在庫にしないために、他の人より価格を下げることになるでしょう。

そうすると他の人も追従してきて、どんどん値段が下がっていくことになります。

過去に利益が出たものでも、利益が出るとわかったらみんな同じものを出品してくるのでどんどん価格が下がっていきます。

そして最後には全く利益の出ない商品になってしまいます。

そもそも仕入れサイトの商品は安いのか?


そもそも仕入れサイトの商品って安いのでしょうか?

たとえば定価3000円の商品が1000円で仕入れられます。

それだったら2000円で出品すれば売れるのではと思いがちですが、定価ってあってないようなものです。

今は100円ショップでもいろいろ良い商品ってありますよね。

仕入れサイトで1000円で売っていても、その商品は店舗ではもっと安く売っているかもしれません。

もっと安く手に入るならわざわざメルカリやヤフオクで買わないですよね。それにネットで買った場合は、必ず送料がかかります。

まとめ


誰でも仕入れられる仕入れサイトの商品は、ライバルが日本全国にいる。

だから価格競争になりやすい。

仕入れをして利益を出したいなら、過去相場のチェックは必須。

過去相場を見て利益が出る場合でも、現在の出品者がどれくらいいるかもチェックしないとダメ。

誰でも仕入れられる仕入れサイトは、利益が出るとわかったらみんな仕入れて出品するからライバルがどんどん増えて利益が出た商品もすぐに利益が出ない商品に代わってしまう。

じゃあ何をどこで仕入れたらいいの?


「仕入れサイトでの仕入れがダメなら、何をどこで仕入れたらいいんだよ」

そう思ったでしょう。

仕入れサイトがダメな理由は、利益の出る商品を見つけてもライバルが簡単に増えることです。

そこでライバルが簡単に増えない商品を仕入れるようにしましょう。

仕入れる商品は大きく分けて二つの商品になります。

  • 中古の商品
  • 新品の特価品

仕入れる場所は家の近くの店舗です。

普通の店舗で仕入れて利益の出るものが見つかるのか?って思うかもしれませんがあなたが気づいていないだけで、利益のあるものは数多くあります。

これに関しては長くなったので、またあとで更新しようと思います。

それでは、ブログを読んでいただきありがとうございます。

人気ブログランキング参加中です。

人気ブログランキングへ